紋別の町おこしとユニバーサルデザイン

  • 2014.04.13 Sunday
  • 22:18
だいぶ前になってしまいましたが、
2月に初の紋別で講演を行ってきました☆



これが証拠写真!!(笑)
流氷岬で、流氷を膝に乗せて記念撮影
流氷をかじってみましたが、なんともしょっぱかったです!


本題の講演の様子ですが…



東川町で精力的に活動している、佐藤祐さんと組んでやってきました!
祐さんは、東川町でバリアフリーや障がい者の自立生活を進めていこうと活動しています。
札幌のように交通や福祉施設の量はありませんが、
どこの地域でも、その地域にしかない良さがあり、障がい者でも高齢者でも
子どもでも住みやすいようにしていくことが大切です。



今回の研修会の目的は、「『UD観光』で紋別の町おこし」と言うテーマ
で呼んでいただきました。
紋別には「DO田舎体験倶楽部」という名前の市民団体があり、
紋別空港の活性化も含めて、「やさしい観光地」を目指して、
受入体制を創ろうと活動されています。


私たちがお話ししたのは、障がいがあっても、普通の人と同じように
住むことができ、お店に行き、買い物し、交通機関を使うことができる社会を目指しているということ。

そのように言うとおおげさですが、
物理的に工夫したり、ちょっとのアイディアで活動の幅が広がったりしながら、
私たち当事者はどんどん外に出て行っています、というお話をしてきました。

私は、もちろん、日本での旅行や海外の話などを織り交ぜながら、
どんなおもてなしがあることで、「その地域にまた行きたいと思えるか」ということをお話ししました。




お金をかければいいということではなく、少ない費用で色々な知恵で
バリアフリーやみんなが使いやすいユニバーサルを目指すことができます。

HKワークスの林さんや北星学園大学の鈴木克典さんとともに
意見交換を行い、参加者の方から質問などを受けてお話をしました。


ホテルのスタッフさんから、
「障害がある方に、障がいの状況などを詳しく聞いてその方に合ったサービスをしたいと思いますが、そんなに詳しく聞いていいものでしょうか。」

私は「まず、この一言だけでいいんです。『何かこちらでお手伝いすることはありますか』」

そこで特にないと答える方や、遠慮気味にないと言う方などがいます。
そこから、対応していけばいいのです。

不安そうな顔をしていれば、もう少し聞いてみるなど、
日頃のホテルマンの技術でお客様に対応すればいいのです。


車で6時間程度の長旅でしたが、有意義な時間で疲れも吹っ飛びました。

なぜなら、







いっぱいうまいものくったど〜〜




次の日の早朝に、朝日も見て…。




スカイタワーから眺める紋別、めっちゃきれい。



今回は乗れませんでしたが、近くで見てきましたよ〜〜


また紋別に行きたいと思いました。

サッポロファクトリーUD受入研修

  • 2014.02.18 Tuesday
  • 22:18

先日、ショッピングセンターの
サッポロファクトリーでUD受入研修をお手伝いしてきました。

UDとはユニバーサルデザインの略で、
車いすの方、高齢の方、お子さんやご家族、外国の方々など
いろいろな方に優しいデザインを目指している言葉です。

今回は従業員の方々へ、いろいろなお客様に応対していくための
研修として、体の不自由な状態を体験したり、車いすで店内を回ったり、
障害者の講話を聴いてもらって、日々の仕事に生かしてもらおうという取り組みです。

一般社団法人・日本UD観光協会の林代表からお誘いをいただき、
お話をさせていただきました。


今回は、従業員の方々に体験してもらってからの講話でした。



私が力を入れてお伝えしたのは、
特別扱いをするのではなく、お客様の障害やその状況下において必要な配慮をしてほしい
ということです。

車いすは足の代わりです。
飲食店のテーブルやいすの配置を考えることで、車いすでも入ることができます。

段差は、車いすにとっては入る気持ちを妨げます。
それでもお店に入りたいときがあります。
そんな時は、何人かで車いすを持ち上げてもらったり、
スロープを付けることを検討してほしいです。

既存の箸では食べられない方もいます。
スプーンやフォーク、ストロー、小さなお子様や呑み込みが苦手な方に
キッチンばさみやミキサーがあると大変助かります。



その他にもいろいろありますが、障害によっても様々。
今回は視覚障害の方や盲導犬協会の方、認知症に詳しい方など、
様々なゲスト講話がありました。

またまた出会いもありました。
観光介護タクシーふくろうの伊藤さん。
ブログには、研修の様子を書いていただいています。

UD観光協会の林さんは北海道を元気にする観光の取り組みをしています。
株式会社HKワークス


さてさて、今週の週末は遠出をして講演してきますよ〜

特別支援教育オープンカレッジでお話ししてきました。

  • 2014.02.01 Saturday
  • 10:44
今回は、社会福祉士として
障害がある生徒さんの教育に携わっている
特別支援教育の先生にお話ししてきました。

20分という時間だったのに、
30,40分もお話ししてすみません
講演者としては失格ですね〜

病院と併設されている学校でのオープンカレッジに呼んでいただき、
「入院生活をしている子どもたちの支援について」
私自身も入院していた立場から、どんな思いだったのか、
今現在地域で暮らしている私から見て、子どものときどんなことが必要だったか、
といった視点でお話ししました。

昔は、自分で何をやってほしいとか、援助を求めることができなかった私。
それはどうしてかというと、自分でできないことに引け目があり、自信がなかったから。
何回もトイレを頼めば、いやそうな顔をされているのではないか、
お風呂も着替えも食事もきっかり決まった時間で、
受け身でいても生活ができてしまう、というか受け身でいなければならなかった。

そのような環境下で、自分から何かを考え、行動する機会がなかったのです。

きっと、看護師さんや先生方は一生懸命だったでしょう。
試行錯誤もしているでしょう。

本当は、病院の中の生活ではなく、その外に出るのが一番怖いのです。
障害があると、好きなところに行けないんじゃないか、
周りが変な目で私を見るのではないか、
誰も助けてくれないのではないか、
親から離れて暮らせるのだろうか、
大学に通えるのだろうか、

私も、地下鉄に乗ることも怖かった時代がありました。
駅員さん、降りる駅で待っていてくれているだろうか、
身体は緊張でがっちがちです。

でも、外に出ることを繰り返し、
いろいろな人に出逢って、大学にも行ったし、ひとり暮らしもして、
スキーもして、今は働いています。
何かアクシデントがあっても、アクシデントを繰り返して強くなります。

過保護ではいけないのです。
冒険する機会をどんどん増やしましょう。

命さえ大事にしていれば、ケガをしても治ります。
ケガを恐れていては何もできません。
(これはお話しできなかったけれど、)

そんなお話をしました。


先生方も本当に試行錯誤しています。
親御さんと協力し合うことも、親御さんと違う意見を提案することも大事。
そして、私のような立場の人もしっかり意見を持つことが大事。


私も勉強になりました
ありがとうございました

西野学園 社会福祉科の学生さんのアセスメント

  • 2013.12.22 Sunday
  • 22:15

あ〜どんどん、雪が積もってきました…。
今日も出かけていましたが、雪にタイヤが埋まってなかなか前に進みません。
電動車いすの電気の力と、ヘルパーさんが押す力を合わせてもたいへ〜ん。

そんなこんなで、今年の西野学園での非常勤講師も終わりました。
12月は社会福祉科の講義を受け持っています。

ソーシャルワーカーという相談員の業務を将来的に行う学生さんが、
私を一つの事例にして、私への支援はどんなことが必要か?を考える講義です。

学生さんが、私の障害や生活状況などを聞き出して、
それをもとに、どんな課題があるのかを明らかにして、支援計画を立てます。
それをアセスメントと言います。

9人ほどの学生さんに1時間半ほどアセスメント調査されて、
1週間後に、学生さんがまとめたアセスメントを発表されます。

私がそれに対し、評価をすると言うスタイルです。

私は社会福祉士も持っているため、久しぶりに社会福祉士の視点でフィードバック。
できるか、わたし〜。大丈夫か〜、わたし〜。


★こんな視点でお話ししました

利用者が応えやすい質問や会話の運び方が重要
何を聴きたいのか、しっかりイメージを持つこと
アセスメントシートの文章をどんな人が見てもわかるように書くこと
「地域」という言葉は、具体的に表現すること
いつ、どこで、どんな、だれが、どのようにの記述が大事
病気や障害の名前、服薬の効用、福祉の制度などはしっかり理解していること
「本人が表現した言葉」「家族、職員などの第三者からの情報」「本人が置かれている環境」を見て、総合的に判断すること


意外と、しっかりお話しできました〜。

ソーシャルワーカーの力量によって、利用者の生活が左右されます。
それをしっかり意識してもらいたいですね。

私もがんばろう〜


札幌学院大学・バリアフリー委員会で講師をしました

  • 2013.12.04 Wednesday
  • 18:23
札幌学院大学で講演をさせていただきました!

バリアフリー委員会という障害者学生の支援をしている学生ボランティアの団体です。

耳の聞こえない学生には、
手話やノートテイク、パソコンテイクで授業の情報保障を手伝い、
車椅子学生には通学で車椅子を押す介助をしています。


今回は車椅子介助の講習会に呼ばれて、車椅子学生の思いを代弁。



私の話していることがタイムリーに文字にされています。
これも後ろにいる3人の学生がやっています。



まだバリアフリー委員会には「車いす介助ボランティア」の仕組みがなかったときに、
ボランティアを募集し、自分で個々のボランティアと連絡を取って調整していました。

友人に頼むことも一つ、だけど、友人では頼みづらいこともある…
介助っていうけど堅苦しく考えないで、楽しんでほしい…
介助してもらうことはありがたい、でもそのお返しができているか不安…

現役の車いす学生からも、質問や思いを語ってもらいました。



実際に3人の車椅子学生とお会いしました。
私の話のあとは、車いす学生による講習会。


めっちゃ若いし、この子達が社会に出たら、新しい風が吹きそう(^^)
そのためにも、私も頑張るぞ!と思いました。

在宅介護の実習生8名が来ました★

  • 2013.12.04 Wednesday
  • 17:22
西野学園 札幌医学技術福祉歯科専門学校介護福祉科の非常勤講師をしています。
 
4年ほどお世話になっております。
重度訪問介護従業者養成研修基礎課程で在宅実習を受け入れています。

簡単に言うと、障害者のホームヘルパーの実習です。

今回は、なんと8名の実習生さんが4時間いらっしゃって、
外出介助や、調理、着替え、掃除などをしていただきました。

といっても一度に8名ではありません(笑)
2名ずつ4日間のシフトです。

普通のマンションで暮らしている様子を紹介☆
トイレは注目の場所です。


福祉用具で工夫をしています。



インターフォンは高さが高いので、手作りの棒で取り、ドアを開けます。



玄関のスロープ。
段差は低いですが、スロープがあればもっと楽ちん

自宅の紹介だけでなく、
車いすの押し方を教えて外出介助をお願いし、
実際に買い物のお手伝いや調理をしてもらいました。


何を買おうか、どこで買い物しようか、何を作ろうか…
それは本人が決めて、それに応じて動いてもらいます。

でも、ヘルパーさんの気づきも大切です。
そのあたりを評価していきます。
(評価させていただきます

外出で段差があるときに気を付けて上がっているか、
車いすでは見えない商品について説明してくれているか、
利用者の希望を確認しているかなどなど。


学生さんはもちろんですが、私も日々学生さんから学んでいます。
一生懸命に相手を理解しようとしている姿勢を見ると、
私も頑張らねばと再確認。


専門学校にもお邪魔して、障害のことや生活のことを伝えたり、
どんなヘルパーが求められるか、私なりにお話ししています。


この出会いを機に、今後も学生さんとお付き合いをしていきます☆
若いエキスでパワーアップです(笑)

三幸福祉カレッジ様から感想をいただきました。

  • 2013.11.19 Tuesday
  • 22:22
三幸福祉カレッジ様から、
学生さんお一人ずつの感想をいただきました。

唯一、自分の講演の評価をいただける大事な贈り物です。
 



社会人の方ばかりで、率直な感想がたくさん。...
実は、今回の講演では、私も一人の人間として、
明るいことも、ダークなことも織り交ぜながら話をしました。

印象的だった感想です。


「この講演で、私たち(22名)が理解したなどと決して思わないでくださいね。

あなたは、もっと多くの人々に伝えて下さい 。
日本は残念ながら、まだその段階です。

でも、少しずつですが、互いに手を借りたり、貸したり、
意識せずに過ごせるように進んでいると思います。

たった一度の人生です。

あなたらしく
あなたの良心に従って進んで下さい。                       」


ありがとうございます。頑張ります。


【三幸福祉カレッジ様への講演内容】

・私の生き方で欠かせないことは、
「いろいろな人の手」の積み重ねと「道具の活用」です。
.悒襯僉爾気鵝▲椒薀鵐謄アさん、友人、家族
一般のマンションで工夫してひとり暮らし(福祉用具や手作りの道具)

・人の手を借りて生きることは永遠のテーマです。
_搬欧世韻硫霆では、お互いに負担になってしまう
∋楡濱験茲蓮∪験茲管理されて外に出ることが簡単ではない
ヘルパーさんを利用できるようになり、生活ができているが…。

・障害があってもなくても、人生は楽しみたい
.船Д▲好ーをみんなでやっています
海外にも行きます
2搬押⇔人は大事な存在です

・利用者様と出会ったら考えてほしいこと
,世話をされる人ではなく、人生を歩く人として
∪験茲成り立っても、そこから先が大事


生活の先にあるもの(三幸福祉カレッジ様)

  • 2013.09.23 Monday
  • 15:21
先日、三幸福祉カレッジさんで講演をさせていただきました。
ヘルパー資格取得に向けて勉強されている30名の学生さんに
私の生き方や考え方をスライドを使って紹介。



ヘルパーさんを利用しながらひとり暮らしをしている私は、
生まれたときから、そしてこれからずっと他人の手助けなしには生きられません。

最初は家族が主に介助をし、その後は養護学校の先生や寮の職員に、
大学生時代は延べ30名程度の学生ボランティアと、プラス20名くらいのヘルパーさんに、
今は8名くらいのヘルパーさんがローテーションで来て生活しています。

子どもでもできるトイレや入浴、それに伴う着替えなどができないために、
他人に手伝ってもらう生活は必要に迫られて作ってきました。
特に大学生時代は、ボランティアとヘルパーさんのスケジュールつくりに
時間と労力を使い、忙しさで「何のために生きているのだろう」と疑ったこともありました。

でも、2003年くらいからヘルパーさんを公的な制度で使えるようになったことは
大きな転機で、家族に迷惑をかけなくても生活できるようになりました。

まだまだ制度は不十分であっても、生活はできるようになった今、
その先のことを考えることが必要だと思っています。


それは、遊び、仕事、恋愛、結婚…

ようやく考えられるようになりました。


他人に介助をされる人生は、間違えば受け身の自分を作ってしまいます。
そうならないようにするには、日々意識することが、今の自分にとっては必要です。

いつか、意識しなくても、自然にできるようになりたいと思っています。

日々の生活を楽しくする、スパイスはとっても大事。

私ならなんだろうか。

チェアスキーや旅行はもちろんですが、もっといろいろなことをみつけないと。


障害があっても、高齢であっても、たとえできないことが多くなっても、
「お世話されている人」としてみるのではなく、
「人生を歩いている人」として見たいと思います。


こんなお話をさせていただきました。

とても普通なことなので、話す必要もないことだと思っています。
でも、見落としてしまいがちなことでもあります。


きれいごとでお話ししようと思えばできますが、
本当は、悔しさあり、涙あり、失敗ありがリアルではないでしょうか。


三幸福祉カレッジの先生、学生の皆さん、ありがとうございました。

ドリ大でリアル車いす授業☆(オオドオリ大学様)

  • 2013.03.03 Sunday
  • 13:41
 今日はオオドオリ大学の3周年記念パーティ♪

とても行きたかったのですが、少し体調が悪いので断念。
私もオオドオリ大学に関わってマイライフが楽しくなったことを思い出しました。



先生となって、車いす授業を企画していきました。

「車いすでまちを泳いでみよう♪」

一味違った授業にしたいと思い、
あえて自力でこいでまちをリアルに感じてもらう授業にしました。

意外と狭い道。



車いすの目線は、意外と低い。



スイスイと走る自転車は、意外と横ギリギリにスレ違って怖い。




食べたいものを選びたいだけなのに、一苦労。



とても綺麗で、美味しそうな飲食店。
段差があったら、食べたい気持ちも変わるでしょうか?!



約15名の方々に参加してもらいました。
5チームに分かれ、車いすでリアルに感じた発見ポイントを探すゲームを開始。

ミッションを与えて、それをクリアしてもらいました。
わざと道の悪い場所や、エレベーターが隠れたところにあるお店に行ってもらうなど、
内容の濃いミッションを考えました(その準備が楽しかった!!)


百聞は一見にしかず

を超えた、「百聞、百見は一体験にしかず」


どんな授業も実現してしまうのが、オオドオリ大学の魅力。
色々な方に協力してもらい実現できたこの授業は、
これからもかたちにしていきたいですね。


オオドオリ大学、今後のひろがりに期待しています!!

ありがとうございました!!!

障害がある子どもたちへ(北海道手稲養護学校様)

  • 2013.03.02 Saturday
  • 16:22
 ずっと前からやりたいと思っていた、養護学校での講演が実現できました。

私も養護学校の出身で、自分のことに自信が持てず後ろ向きな性格でした。
「夢を持っても叶うはずはない…」
いつしか自分は施設生活をするのではないか…と人生を諦めていました。

そんな時に、もし目の前で、
自分らしい生き生きとした姿をした同じような障がいの人がいたら、
きっと将来が明るく見えるかもしれません。

そんな思いを胸に、先生方の希望も重なって
講演をさせていただきました。



テーマは「自分を見つめて」
小学生のころの私、中学生のころの私、高校生のころの私。

立つことも歩くこともできない私は、人に助けてもらうことが多い。
自分も役に立ちたい…だけど、「できないこと」だらけ。



周りの大人は、たくさん心配してくれたし、助けてもくれたけども、
「障がいがあっても、いろいろ挑戦して、失敗して、自分で人生を作っていくことが
できる」なんて教えてくれなかった。



後ろ向きな思いが募るばかり。



でも、実は、希望や夢を持っている!!
ほんとはたくさん、湧き出るほど思いがある。

養護学校では、周りの大人の言われるままになっていましたが、
社会に出ると、本当は果敢に挑戦したり、失敗したり、考えたりして
自分の出来ること、やりたいことを探していく力が必要だと
いうことがわかりました。

大学では、ボランティアを募りながら学生生活を送り、
ヘルパーさんを活用してひとり暮らしを始めました。
他人に手助けをお願いする難しさも学びましたが、
そこで出会った人も、私といて楽しかった、学んだという思いを持ってくれました。

昔は思いもしなかった、自分の障がいを語ることで、
誰かが救われる、学べる講演活動もさせていただいています。


現在は、民間会社の事務員をさせていただき、
障がいがあっても働くことができることを少しずつお話できそうです。



どんな夢を持っていますか?
最後に生徒さんに問いかけました。

「○○になりたい!」

マイクで話す生徒さんの顔がやっぱり輝いていました。

「私も働きたい」という生徒さんの自信はないけど希望を持っている
何とも言えない表情。

私は「あきらめなければ働けるよ」
生徒さん「ほんとに!?」と私に目を合わせてくれました。



小学校1年生から中学生、高校生の方、先生、親御さん含め、
50人以上の方々に聞いていただきました!!!

私の話のあとは、生徒さんのお母様の歌で盛り上がりました☆
西野カナのHappySong。
「うつむいてばっかりじゃ、その笑顔がもったいないよ!」


最後は、「握手してください!」「写真撮っていいですか?」のリクエスト。
芸能人になった気分です笑


みなさま、本当にありがとうございました!!

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM