一人でイタリアの飛行機で

  • 2012.12.30 Sunday
  • 14:58
 
"Apri tutte la coperchi,per favore !"
"Si !"
"Grazie !"
"Prego !!"

11月2日から出発、11月14日帰国の予定で組んだ旅行。
北海道→タイ・バンコク→イタリア・ローマ→タイ・バンコク→北海道のルートで、
タイ航空を利用した空の旅。
いきなりですが、その帰りの飛行機のエピソード。

介助者を連れて行っていない私は、アテンダントに頼みます。

成田直行の飛行機のため、日本人のアテンダントは2名乗車。
あとはイタリア人です。

夕食と朝食は、日本かイタリア食。せっかくなので、イタリアをチョイス。



私は、蓋を開けることができないため、アテンダントに頼みました。
搭乗する前に、覚えたイタリア語を使って、全部蓋をとってくださいとお願い。

にこにこと快く開けてくれました。食べ物が配られたのは全部で3回。
ほかの職員が運びに来ても、「わかっているよ☆あいつに聞いているよ!」
と引き継がれているのが嬉しい。

現地の言葉で話しかけると、たいていは驚かれます。
「どこでならったの?学校で習ったの?」

一番難関なトイレ介助も
"Per favore,vorrei andare a bagno"と頼んで、
2、3人掛かりで動いてくれて、チームプレイもすごかったです。

私は、移動や着脱など全てに介助が必要なため、
狭いトイレの中では少し大変であることは確かです。
そんな中、3回も連れて行ってくれました。

しかもアテンダントのチーフのイタリア女性スタッフが、
度々私の様子を見てくれて、一人だけでも安心できる機内でした。


ここでおかしいのは、私の帰りはアリタリア航空というイタリアの飛行機で帰ってきたこと。
急遽、便が変わったのです。
しかも帰国も1日伸びて。

アクシデントがあったあとの帰りの飛行機で、
内容の濃いこの旅を噛み締めていたのでした。



覚えたイタリア語を復習しながら、おやつのビスコッティをつまむ☆

タイ・イタリア旅行記2012

  • 2012.12.09 Sunday
  • 18:04
「イタリアに行く」
今年の6月、自分を変えたい、だけど気持ちのどこかで邪魔をして変えれない…
そんな思いでもやもやしていたころ、頭にパッと思い浮かびました。

私の友人yukaさんが、旦那さんとともにイタリアに住んでいます。
住むことになって1年も経たないまま、強引にyukaさんに相談。
安いチケットのキャンペーンがあることを発見し、
さらに11月ならyukaさんもwelcomeができるということで早々と準備が進む!!!
それがそもそもの旅の始まりでした。

でも、普通の人とは質が違う旅でした。



ひとり旅覚悟で旅をする
 
日常では、トイレや入浴などに必ず介助が必要です。
イタリアに着いたら、yukaさんが待っています。
それまでの区間を介助者を連れて行かずに、どう乗り越えていくのか。

yukaさんとともに作戦会議をしながら、準備を進めていきました。
実は、もうひとつの目的がありました。

病気や障がいがあっても、ひとり旅というスタイルも選べるということを証明することです。

このカテゴリでは、笑いあり、涙ありの旅の報告をしますニコッ

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM