医療法人稲生会 サマーパーティに参加しました♪

  • 2014.08.21 Thursday
  • 11:17
8月も後半が過ぎてしまいました
北海道は日中と夜の気温差があり、秋の気配を感じます。


さて、先日は、講演をさせていたただいた医療法人稲生会の方々が主催された
サマーパーティ〜ぞうさんnet 家族交流会 2014〜に参加しました。

ぞうさんnetとは、呼吸不全の障がいがあるお子様とご家族の患者会です。
呼吸を助けるマスクが、ぞうさんのような形をしていることから名づけられたそうです。


 


札幌パークホテルのザ・テラスルームで開催されました。
実は、7段ほどの階段があるのですが、それを5,6枚のスロープをつなげて
なだらかなスロープにし、車いすのお子さんを迎えていました。

稲生会のスタッフの方々とパークホテルのスタッフの方々が話し合い、
どうしたら安全に上がれるかを検証したそうです。

そのような取り組みがあることにより、150名も入られるきれいな広いお部屋に、
びっちりと患者会の方々が埋まるほど、盛大なイベントになりました。

ドレスや着物、浴衣、ワンピースなどで飾り、みなさん可愛くおしゃれにきめていました。

小学生や中学生、高校生の子も多く、車いすも赤やピンク、青などカラフル。
タイヤのカバーはプーさんやスティッチなどのキャラクターもの。

中には、言葉の意思疎通が難しい子もいますが、
「そのハッピ、ふりふりでかわいいね、よく似合っているよ。」というと、
目で私をじっと見て笑っている様子がしました。
(表情を作る筋肉が動かせない子もいます)


私は小さいころから障害がある子が通う病院にいて、
いろいろな障害の子を見かけていました。

そのおかげなのでしょうか、
「障害」でみるというよりは「〇〇ちゃん」と名前でいつも見てしまい、
大人になって社会福祉士を目指すに当たり、
意識して「障害」を見ないとアセスメントできなかったり…大変でした。


障害に関わる知識がありすぎると、変に「障害者」とか「弱い人」と見てしまいそうで、
どうしても、頭を真っさらにしてかかわってしまいます。

枠にハメて、人を見るのが好きじゃない私です。


けれど、社会福祉士として仕事をするからには、知識も必要ですね。
そこから見えてくるものがあります。

う〜ん、でも、私は「人として」見てしまうので、最後は結局そこに行きつきそうです
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM