国際結婚された車いす女性・石川るみさん

  • 2014.07.31 Thursday
  • 13:59

出逢いから出逢いへ。
小山内美智子さんのご紹介で素敵な方との出逢い。


石川るみさん☆




現在、韓国の旦那さんと娘さんと韓国に住んでいます。
脳性まひという私と同じ障がいで、電動車いすに乗っています。

私より15歳くらい先輩ですが、とってもおしゃれでかわいらしくて、
そんな感想をお話したら「いつまでも若くいなきゃね〜。」ととってもパワフル。


今回は、札幌いちご会主催の講演会でお話ししてくださいました。






グローバルに生きるとはどういうことなのでしょうか。―
私たちに語りかける口調で、るみさんの半生が語られました。


20代からノルウェーに1年間留学し、その後スウェーデンに移って住み始めます。
学生としてビザを取り、スウェーデンの福祉サービスを受けながら生活されました。
そこで、韓国の男性と出会い、結婚。自身で子どもも生んでいる方です。

講演会のチラシにもその内容は書かれてあったため、
すごい方だな〜話を聞いてみたな〜と言う印象で
自分にはほど遠いな、と思っていました。


ところが、実際に話を聞いてみると、波乱万丈な人生を淡々と、
時々コミカルに語るるみさんのお話に引き込まれていきました。


幼少時代、10代までは、自宅にこもっていたるみさん。
養護学校に行っていたものの、子ども同士でのいがみ合いや先生ともうまくいかず
最低の日数だけ登校していたそうです。

その間、人形遊びや漫画を描いていたりしていましたが、
ふと日本から出たいと思い、ペンパルで100か国以上の人と文通し友人を作ります。
そのつながりで「るみは、ノルウェーへ行け」と暗示のように何度も言われ、
そこからどんどん海外の世界へ引きづりこまれていきました。


自分は障がいがあって迷惑をかけている…という見方は、
海外では通じないそうです。

できないところをサポートするのは当たり前。
ただし、障がいがあるからと言って特別扱いはしない。


学生時代、サバイバルな登山もしました。


ノルウェーやスウェーデンでは、ほとんど生活に困らない。
今住んでいる韓国の福祉は、
スウェーデンより100年遅れて、日本より50年遅れているそうです。


韓国の男性との出会いは、異性としての付き合いから始まっていないのが面白い。
そこからお互いに惹かれあい、親の反対を押し切って結婚。


るみさんは、
「ノルウェーやスウェーデンは一生に一度は住んだ方がいい。
 けれど、幸せすぎてこれでいいのか?と思ってしまう。
 サバイバルな人生の方が面白い。」と言います。


いろいろ辛いことはあるけれど、何が一番つらいでしょうか??





それは、「あきらめるとき」「めげたとき」です。


そう、力を込めて言っていました。


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM