テリーさんとの出会い

  • 2014.05.26 Monday
  • 11:33
今月、テリーさんと何年ぶりかの再会をしました。
元フリーカメラマンで国内・世界で写真を撮られていたテリーさん。
96年に重症筋無力症にかかり15年間カメラを持ちませんでした。

今までの思いが詰まったカメラは、
テリーさんの力の入らなくなった腕には重くなってしまった。

札幌で過ごした障害者の仲間に会いに、
遠く広島から電動スクーターのみで旅にすることに。
そこから再び、今度はデジタルカメラを持って写真を撮り始めました。
外出が頻繁にできない…ならば、ベランダから見える雲を撮ろうと、
ベランダに腕をもたれかけて撮り続けていきました。

しかも、モノクロだけで、雲の力強さ、太陽の明るさ、雲の流れ、雲に隠れた光と闇を表現。
良いカメラでも、優れた技術でもなく、「素直にきれいだなと思ったものを撮る心情」が、
テリーさんの写真の奥深さを表現しているような気がしています。

先日、札幌でテリーさんの展示会があり、久々の再会。
テリーさんの話す言葉の一つ一つに力強さを感じていましたが、
今も全く変わっていらっしゃらなかった。
そして、私のことも気にかけてくださいました。

「すごく良い表情をされている」

テリーさんはそう私に言葉をくれました。


とっても照れますね。

それはどこから湧き出るものなんでしょうか、自分でも研究したいくらいです。

スポンサーサイト

  • 2017.05.04 Thursday
  • 11:33
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM