支える、支えられるは、みんなが持っている

  • 2013.08.31 Saturday
  • 14:35
天気があまりよろしくない、今日この頃です。
晴れていたかと思えば、急にバケツをひっくり返したような雨…うぅぅ。
夏の暑さが和らいで、とうとう秋に近づきつつあります!!
雪が降る前に、活動の軌道に乗らなくてはなりません!


今日は、「若手福祉従事者ネットワーク」のフォーラムに参加してきました。
簡単に言うと、「福祉で働いている若者を中心に、この仕事をもりあげていくために、
横のつながりをつくって、悩みにどう向き合っているか、どう行動してきたのか、
協力し合ったら何か面白いことができるんじゃないか!なんていうことを
共有していくネットワーク」のことです。



人と人とがつながることの 想像 と 創造 をテーマに、

きっと総勢200〜300人?のあらゆる福祉に携わっている方が参加。
7,8人のグループで、「福祉にかかわって一番良かったと感じたストーリー」
をお話しして自己紹介をしあいました。


その前に、厚生労働事務次官の村木厚子さんが、
なぜ「つながり」が大事になるかを、人口の統計と自身の経験で講演されました。

15〜64歳の労働者となる・なっていく年齢層が減ってきて、
高齢者を支える人が少なくなっているという、高齢社会の時代。

しかし、その見方は少し狭かったことを知りました。

定年を迎えたからこそ、社会貢献する高齢者が増えたり、
障害者の雇用率が上がって、障害者も税金を納めるようになったり、
現在は、少子化対策ということで、子育てや子どもの成長を支援するしくみができたり、

「働く人」が支える、「働けなくなった人」が支えられる「一方的な関係ではない」

ある一定の年齢では支える側になり、
その途中で予測しない事故・災難で支えられることもある。

高齢者になっても、町内活動やボランティア、知識を若者に伝える役目がある。

障害者も「福祉の恩恵を受ける人」ではなく、「社会の担い手になる人」
になっていく。

子どもを育てやすい社会を作っていく。

もっともっと、広い視野で見ていかなければならないと思いました。





グループでは、妄想シートを配られ、自分と何を掛け合わせて、新しい取り組みを
していくか考えました(私は時間がなくて、退出してしまいましたが)

何かとコラボするって大事。


以前に、車いす体験授業のことを書きましたが、
私×車いす×大通のまち×オオドオリ大学…など色々なものが
かけ合わさってできました。


今後もあらたに、色々なことをしたいと思わせていただいたイベントでした。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM