第0章 1. アメをもらうことへの疑問

  • 2017.02.26 Sunday
  • 13:37

「障害の殻」やぶりな人生(仮称)

〜タイ・イタリア旅物語を“今の私”が振り返る〜

 

第0章 「障害者」と言われることへの疑問

 

1.アメをもらうことへの疑問

 

 ちょうど思春期の頃、車いすで外を歩いていると、周りの視線が「かわいそう」という労わりの目で見ている様な気がして、誰も助けてくれない、誰もわかってくれないという孤独感で埋もれていた。

 その10年後の大学生の頃、地下鉄や列車の駅で待っていると、知らないおばちゃんがトコトコ近寄ってきては、服のポケットからアメを2,3個取り出して「よく頑張っているね。」と私の掌に渡そうとしてきたことがあった。「おばあちゃん、ありがとうございます。私は手を裏返すことができないの。カバンに入れてもらえますか?」と伝えると、そうなのねとますます優しい声になり、再び「頑張るんだよ。」と励まされて行ってしまった。

 

 その時の私は、アメをもらうことに抵抗がなかったと思う。ただ、「アメをもらえて当然」という意味ではない。きっと、私が「障害者」であり、かわいそうに見えたからくれたのだろう。それをわざわざ断るということは、相手が良かれと思ってやっていることだから、傷つけてしまうに違いないと思っていた。そのため、抵抗することはしなかった。

 

 しかし、30歳を手前にした頃、ふと「果たして私は『障害者』なのだろうか」「自分はどうして車いすに乗っているのだろう」と我を振り返ったことがある。「体が思うように動かなくて大変だ」とか「社会が障害者を受け入れていない」とか悲観的になったことはあるが、それはもうとっくに終わっていて、新しい疑問が湧いてきたのだ。

 

 世の中の人も、私も「障害者」という言葉に惑わされてはいないだろうか。今、30歳を超えたばかりの私は、その疑問を放っておくことはできない気がしていた。これまでの人生の私の心境の変化はめまぐるしかった。「自分は他人とは違うという孤独感に陥った」10代、「『障害者』という見られ方に慣れてきた」20代、「自分を『障害者』と思うことに違和感を感じ始めた」30歳手前、そして、「世の中の『障害者観』を見直さないとならないと感じ始めた」今の私。この旅行記で少しずつ整理していきたい。

旅行記 はじめに

  • 2017.02.19 Sunday
  • 17:16

「障害の殻」やぶりな人生(仮称)

〜タイ・イタリア旅物語を“今の私”が振り返る〜

 

はじめに〜車いすはポルシェだ

 

 「みなさん、こんにちは。私は電動車いすに乗っています。後ろの方、見えるでしょうか。黒いシートに紫のメタルフレーム。札幌の地下で人の波をかいくぐってスピードを出すのが大好きです。最近は、車いすを『ポルシェ』のように乗りこなすことで有名です。」

 今から3年前のこと。ある大学の理学療法学科約90名の学生さんの前で、いつもより変わった自己紹介をした。後ろの席に座っている学生が、前の学生の肩の間に顔を出してこちらを見ようとしている。

 「車いすはポルシェ」というフレーズは、アパレル関係の企業様が、さっそうと走る私の姿を見て「ポルシェのように格好よく走るミチコさん」とコメントされていた。一般的に車いすには、けがをした人、病気、おじいちゃん、おばあちゃん…というイメージがあるだろうから、新鮮な表現に聞こえる。

  社会全体では、障害者のことはどのように知られているのだろうか。

続きを読む >>

本の執筆について

  • 2017.02.05 Sunday
  • 13:47

みなさんにお知らせ。

 

2012年にタイとイタリアへ旅をしてから4年が過ぎました。

その旅行記を原稿に書いていましたが、

本の出版は諦めることになりました。

 

実は1年以上書いており、ほとんど書き終えています。

しかし、ただ車椅子で海外に行ったという話では、

そんなに珍しくないので売れないとのこと。

売れる本を出そうと思うと確かにそうかもしれないと思いました。

 

それから仕事などで忙しくなり原稿が眠ったままになりましたが、

今でももったいないなと思っています。

もちろん、今のままの原稿では私自身が飽きてしまっているため、

改良が必要になります。

 

私らしい原稿にするためにアレンジをしてみたいなと思いました。

しばらくは、このブログの場で出していきたいと思います。

雑多な文章にはなってしまいますが、

ブログではある程度自由なので書きやすいと思ったからです。

 

それから、このブログを見てくださっている方に

読んでいただいた方がもったいなくないなと思いました。

 

少しずつですが書き始めたいと思います。

 

旅行記の原稿書きもクライマックス

  • 2014.07.16 Wednesday
  • 16:00
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
更新をしますと、今では190〜300近くまでアクセスがあります。
芸能人とは程遠いですけれど、私は確実につながりを作っていきたいと思っています。

初めてお会いした方、リピーターの方、たま〜に見るよっていう方、
私のキャラでどんどん更新していきますのでお楽しみください。


さて、この写真は、イタリア滞在終盤のコロッセオ付近の一コマです。
一緒に行ったえいこさんが、歩きながら車いすを押していると
知らないスキンヘッドのお兄ちゃんがふざけて車いすに乗ってきました。

 

えいこさんも、にやり顔ですよ(笑)

こういうお兄ちゃんみたいな存在って実は重要だったりします。

車いすを見るといたずらしちゃいけないなんて思っちゃいますが、
それってなんででしょうね?????

それはみなさんの心の中にあります。



気軽にふざけ合える関係こそ、自然なつながり。

自然じゃないか?(笑)

子ども同士はこんなつながりが大事です。


あ、また面白い車いす授業見つけちゃったwうひひ。


お互いに自然に関わる社会の実現はそう遠くない気がしています。


私がおばあちゃんになるまでには実現するでしょう。
っていうか、実現します。


さて、表題の内容を忘れていました。

2012年に行ったタイ・イタリア旅行記の原稿書きをしています。
私の生い立ちから始まり、なぜ介助者を連れて行かずに旅行に踏み切ったのか、
そこから生きるってなんだろう??と考えたストーリーを紹介します。


もう少し、もう少しで見通しが付きそうですよ。


でも、まだ気を長くして待っていてください。


夜のイタリア

  • 2013.12.09 Monday
  • 22:11

夜を自分なりに楽しむことができたら、大人ですね。
急に、夜のイタリアの風景を思い出しました。



ランプの下で飲むワインは最高〜。



イタリアでは、外で食べるのが日常の風景。



住宅の路地には、トレビの泉。

きれいだった〜

クリスマスシーズン、寒いからこそ空気が澄んでいるから、
夜の風景を楽しみながら、お酒を飲みたい気分になりました。

コロッセオはバリアフリー★

  • 2013.09.03 Tuesday
  • 20:16
旅行記が、気まぐれに復活です。

パッと思い出した、ワンシーンがこちら。

エレベーターがついていることにとても感動している私。 



そうです、ここはコロッセオ。
コロッセオに行った前日に、ぐうぜん福祉タクシーと出会いました。
ジョゼッペさんというとってもやさしいおじさん。




エレベーターで上がってみると、圧巻の景色。
古く昔から建てられた競技場、写真で見るより迫力があります。




コロッセオの入り口は長蛇の列。
私たちも普通に並んでいたら、係の人に案内をされ、
中まですぐに通してくれました!!



しかも、障害者本人と付添は無料!?




生々しい傷跡を残した柱が、雰囲気をかもしだして…
そこをずんずんと進むと、


スロープがありました。



掲示板には、「エレベーターは身体障害者もしくは体の不自由な方のみの使用できます。
ご了承ください」と書かれています。…「のみの使用できます」はあやしい日本語ですが、
4か国語に訳されていて、グローバルバリアフリーだと思いました。



コロッセオを見た後は、外から眺めながらランチ★



お肉とパン、そしてトマト!!
めっちゃおいしかった。




今日はコロッセオの景色を紹介しました★

旅は人生

  • 2013.07.29 Monday
  • 16:10
 7月15日、海の日に大イベントを開きました!!
タイ・イタリア旅行の報告会をついに実現しました☆

なんと80人以上の方に来ていただき大盛況でした。



前半はスクール形式で、旅の概略をお話し、
後半は交流会形式で、お菓子を食べながらラフに行いました。
特に後半は、たくさん質問をいただいて、笑いと感動の3時間でした。



私の方はというと、かなりの緊張しっぱなし。
でも、旅のパートナーのえいこさんがついているので大丈夫!
二人で掛け合いながら、ずんずん進んで行きました。

打ち合わせはほぼ1回のみで、あとは自然に会話しようという作戦でいったら
見事に笑いが会場から出てきて盛り上がりました。
えいこさん、本当にありがとうございました。
ご本人の許可を頂いて今度はお顔をお見せしたいくらいです。



そして、とっても綺麗なお花を、参加者の方からサプライズでいただきました。



ここまでできたのも、ボランティアでお力を下さった方がたくさんいたからです。
会場設営、受付、司会、会計…。
さらに、参加者の方々に飲んでいただくお水を無償でいただきました。
急なお願いにもかかわらず、お水を提供していただける方とお話をしてくださった
あしながおじさん(笑)、そして提供してくださった方に感謝でいっぱいです。



お菓子やお花が増え、どんどん華やかになった報告会でした。

今度いつ行うかはわかりませんが、
新しい冒険者が出てきたときは報告会を開きたいですね。


※写真は全て友人が撮影してくれたものです。
 とても上手です。

砂川の男性との出会い

  • 2013.01.27 Sunday
  • 15:46
 離陸する瞬間がとても好きです。
これから旅が始まるというワクワク感がぐんっと上がる瞬間。

EIKOさんと手を合わせ「本当に始まるんだね、実現したね」と喜び合います。



タイへ向かうとき、飛行機に乗り込む時から
タイ人のアテンダントにお手伝いをお願いします。

正直言って、その時のことはよく覚えていません(^^;)

離陸して飛行機が安定して飛んだころ、ようやくEIKOさんとゆっくりおしゃべり。
でも、7時間半の旅ですから、本を読んだり、寝たり…。

そんな中、廊下をはさんで隣の席にいた男性に
巾着にしのばせていたアメ玉を渡して、話しかけてみました。

ちょうど同じ年代の仲間と4人でタイの旅行に来た方でした。
「今回の旅行は、障害や病気があってもチャレンジできるっていうことを
ほかのみんなに伝えるのも大きな目的の一つなんです」

色々話をしていると、奥さんが身体障害がある方で養護学校のことなどを
よく知っていた方だと分かり、良い出会いをした瞬間だと思いました。

「何よりも楽しむことが大事だよ、それとあまり無理をしないこと」
男性からの大事なメッセージでした。



必要なときはアテンダントを呼んで、足が浮いている状態を直してもらったり、
ジュースにストローを指してもらったり、
(ストローがおいていないらしく、アテンダントの私物の飲み物についていたものをくれました。)

でも、ひとつだけ頼めなかったのは、トイレの介助でした。

次回は、12時間の旅なのにどうしよう。
このときに頼む練習をしようと思っていたのに、体が拒否していたようです。

どうなるのだろうか。

出発のとき

  • 2013.01.05 Saturday
  • 18:47
 11月2日午前8時半、EIKOさんと新千歳空港で待ち合わせ。
午前10時45分発に乗るため、2時間前に搭乗手続きを行います。

自分の車椅子は、搭乗手続きで預け、到着時に現地で出してもらいます。
でも、自分の車椅子は体に合わせて作っているものなので、一番楽。
搭乗手続きで預けてしまうと、1〜2時間以上、空港用の車いすで過ごさなくてはなりません。



どうしても空港用に座ることができない場合は、
飛行機の搭乗口まで自分の車いすで行きたいことを伝えましょう。



上から2番目。あ〜本当に行くんだなと思った瞬間です。
どきどき、どきどき…これからどんな旅が待ち受けているのだろうか。

この時もたくさんの心配がありました。

介助が必要な人が単独で乗ると、乗車拒否をされるというケースがある…
EIKOさんという付き添いがいるけども、EIKOさんも少しお手伝いがいる。
乗車拒否にあったらどうしよう。

私の車いすは、電動車いす。壊されたら困ります。
職員はきちんと扱ってくれるだろうか。




出発前にヘルパーさんが写真を撮ってくれました。
ヘルパーさんとはこのロビーで別れます。

ヘルパーさんによるトイレ介助も済ませ、EIKOさんと「よし、行こうか」。

EIKOさんも長距離は歩けないため、車いすを借りて。
空港職員2人が私たちを出発ゲートに導きます。

どんな旅になるのか、ふたりでそれぞれに想いを寄せて…。

ふたり旅

  • 2013.01.02 Wednesday
  • 15:10
 この旅は、ふたりの未知なる旅でした。

Eikoさんとのふたり旅。
Eikoさんは私とは異なる病気と付き合っています。

私は、車いすからどこかに移動することや、歩くこと、着替えをすることもできません。
座る体制を作るときも、ベルトを締めたり、クッションを入れたりしてもらいます。

そんな私とのふたり旅を電話一つですぐにokしてくれました。
もちろん、お互いに何があっても、最終的には自己責任であることを約束。
それは、突き放しているようで、そうではありません。

助け合っても、依存はしない。
それが旅を実現する大きなポイントだと思っています。

でも、助け合いはたくさんしました。


↑新千歳空港の国際線受付の前で出発の写真をピシャリ。

Eikoさんは、私のトイレ介助はできなくても
食事は、袋を開けてもらったり、用意してもらったり、
機内で座っているあいだはブランケットや枕を直してくれたり…。

私は、片言のEnglishとItalianでアテンダントに対応します。
タイ用とイタリア用の携帯電話を持ち、現地での連絡役になりました。


↑タイ用は日本にいる友人から、イタリア用はyukaさんから借りる


普通は、介助が必要な場合、介助ができる人と行こうと思うのが自然。

私は、実はひとり旅覚悟で決行する気持ちでした。
自分の力で旅を実現してみたい。
日頃、ヘルパーさんの介助を受けながら生活していて、生活が充実しているものの、
物足りなさ、窮屈さ、孤独感を感じていました。
ヘルパーさんが要因なのではなく、私の性格から来るものでしょう。

助けてもらえる人がいるという安心感を持った旅ではなく、
自分からどんどん前に出なければ、生きることさえままならない状態の中で、
いかに自分らしさを保って、有意義な旅を作っていくかを試したかったのかもしれません。

また、エキスパートじゃなくたって、片言の英語しか話せない私でも、
そして、介助がたくさん必要でも、旅を実現できることをかたちにしていきたい!
と思ったのです。

そんな私の思いを組んでいただいたEikoさんにまずは感謝です。
Eikoさんも旅にかける思いがあります。


Eikoさんに電話でokをもらってから、旅の出発までの4ヶ月間で、
ふたりの旅への思いを語り合いながら準備をしてきました。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM