私の血を作ってくれるヘルパーさん

  • 2018.01.03 Wednesday
  • 11:28

English below

 

みなさん、こんにちは。

日本の三が日も今日で最後ですね。

昨日は、クローゼットに溜まっていた洋服を片付けてみました。

片付けるたびに、全然着ていない洋服があることに気がつきます。

 

これからは毎月テーマを決めてブログを書いてみたいと思います。

今月のテーマは、私の所で働いているヘルパーさんのことを書きましょう。

 

私のヘルパーチームには、今は13名のヘルパーさんがいます。

みなさん、一人ひとり個性豊か。大学生さん〜50代の主婦の方までいます。

 

**************************************************************************************

月曜日のヘルパーさんには、

ほとんどと言っていいほど毎週スープカレーを作ってもらいます。

野菜を素揚げしてもらって、市販のルーを作って野菜にかけて出来上がり。

 

「〇〇さん、私の血を作ってください!矢印上

「今日も血を作ります!了解しました!手き

 

そう、カレーは私のエネルギーであり、私の血なのです。

そして、食べると瞬く間に私の血となって、

新しい1週間を乗り切ることができるのです手

 

※この写真は、私の大好きなスープカレー店、

COWLUCKのチキンたっぷり野菜カレーです。

 

**************************************************************************************

 

毎週同じようなものを作ってもらうのは、飽きさせてしまうのではないか?

素揚げばっかりで面倒くさいと感じられたらどうしよう?

などと考えてしまう人もいるかもしれません。

 

ヘルパー事業所の中には、「あの人、毎週同じものばっかり食べてるよ」

なんて、ヘルパーさん同士で話してしまうところもあります。

他人の生活が見えてしまい、それに慣れてしまうと、

いらないところまで見えてしまったり、考えてしまったりする傾向があるように思います。

それを本人がいないところで話して、ヘルパーさんの会話のネタにしているところもありました。

(ジョークに聞こえますが、実際にあるんです!)

 

でも、人は、毎週同じ洋服を着ていたり、毎日のようにハマってる食べ物があったり、

ズボンは何日か連続で着まわしたり、ご飯を全然食べない日があったり、

きゅうりの飾り切りにこだわっていたりと、ライフスタイルがあります。

 

私は、野菜の素揚げは、野菜の甘みが出て大好き。

カレースパイスは私の元気の源。

 

ヘルパーさんとの関係性の中で合意を取りながら、

自分らしい生活を作れることが一番の理想です。

 

もし、ヘルパーさんがダメなら、カレー好きの友人を集めて

カレーパーティするのもいいですね。

あ!それいいかも!

 

Hello, everyone! 3 days have passed since New Year!

Today is the last Japanese New Year's holiday, so most people would start to work!

I cleaned up my closet and threw away annecessary clothes.

 

I would like to write about my assistants in this month.

I have 13 assistants who work to suppot my life.

My assistant team is organaized by some university students, valiaty of age person.

 

I ask my assistant to cook soup curry for my dinner on almost every monday.

I love soup curry with fried a lot of kind of vegetables!

Curry foods and spices always make me enagized like my blood charger.

 

My assistant who works every monday always kindly cooks for me.

I appreciate it that I can start to work every week with curry energy.

 

 

* I apologize my english would not correct and I haven't finished to describe my daily in english yet.

* I will try to practice to write it in english.

今年はアメリカに行きます。

  • 2018.01.02 Tuesday
  • 21:31

みなさん、こんばんは。

 

大きな今年のイベントについて書きたいと思います。

4月〜5月下旬に助成金を受けて、アメリカで障害者福祉について学びに行きます。

助成金を出していただくところについては、

許可をいただいた場合に、帰国後の報告になると思います。

 

合格が決まってこの何ヶ月かは、研修先を見つけたり、

現地の介助者を募るための情報収集などを行っていました。
やっと、アメリカのサンフランシスコ等のRegional Centerという

福祉サービス申請や計画を作成する機関に

アポイントメントを取り始めることができ、

旅のプランが徐々に形になってきました。

 

現在は、今回の旅でトイレ介助や入浴介助、着替えなどを行ってくださる

介助者を急ピッチで確保しなければなりません!
今回は長旅ですので、一人介助者を連れて行っても、

一人では負担になるため、複数人や細切れでもいいので

現地の人を確保するなど、あらゆる手段を取りたいと思います。

そんな中、日本から一緒に行き、

今回の旅の中身の濃さを共に経験してくださる方が

一人でも多くいることを、私は切に望んでおり、

自家製のチラシを添付しました。

 

今回の旅は、私の人生にとって、かなり大きく、

分岐点となるものになると思っています。

正直、この準備を進めることはすでに体力がかなり必要で大変です。

 

その分、私がこれまで感じてきた葛藤や社会の課題を持って、

どんどんアメリカの方々にぶつけて行きたいと思っています。

なので、いろいろなことが起こるかもしれません。

この一部始終の旅の模様を一緒についてくださる方に、

記録していただいたり、たくさん遊んだりしながら、

この旅を楽しみたいと思います。

 

 

※添付のチラシの個人情報は、直接渡す以外は公にはしていません。

※不特定多数の方が閲覧することから、営利等目的の方を避けるため

こちらでの応募は基本的に受け付けていません。

※もしも、女性の方で関心がある方は、ブログのメッセージの

メールアドレス欄(私だけが見られます)にご記入いただければ

お返事できるかと思います。

 

 

 

2018年、明けましておめでとうございます。

  • 2018.01.01 Monday
  • 18:21

2018年の幕が開けました。

みなさん、あけましておめでとうございます。

 

今年一発目も、実家の神社に行き

甘酒や御神酒をいただいてきました。

毎年、大晦日には実家に帰り、

おせちやお雑煮を食べて年を越して行きます。

 

特別に過ごしたいと思いつつ、

いつも毎年同じように過ごしていきます。

 

みなさんの年末、元日はいかがだったでしょうか。

 

昨年も大きな事故もなく、健康でいられたことに感謝です。

それは、私に関わってくださった方々のおかげだと思います。

 

今年はみなさんに還元できるようなことをしていきたいと思います。

 

よろしくお願いいたします。

 

ヘルパーを増やしていくこと

  • 2017.08.13 Sunday
  • 13:22
お久しぶりです。
先月は札幌では珍しい
34度以上の猛暑日が続いていました。
今はだんだんと涼しくなってきて、
残りの少ない夏を楽しまなきゃと焦っています笑。


さて、先々月は新しいヘルパーさんの研修でした。
今度は来年から看護師になる学生さん。
これまでは、
社会福祉士や作業療法士を目指している学生さんが多かったのですが、
今回は初めての看護師さんです。


私は、トイレや入浴、着替えはもちろん、
髪の毛をドライヤーでセットしたり、
ピアスやネックレスをつけたり、
美容室に行った時にシャンプー台に移ったりなど、
衣食住の他にいろいろなことを頼んでいます。

人は誰でも「トイレに行く」「風呂に入る」ことを目的に暮らしていません。
暮らしをデコレーションするこまごまとしたことが大事。


オシャレをする
公園に行って絵を描く
バーでしっとりとショットグラスで飲む
クラブに踊りに行く
旅行に行く
友達と浴衣を着て花火を見に行く

いろいろ楽しみたいことありますね。

私にとってヘルパーさんは、
人生を楽しむ中で、お伴してくださる貴重な存在です。

だからこそ、
人生を楽しもうとしている方が
私のヘルパーチームに
入ってくださっています。


世の中では、ヘルパーの仕事に対して大変というイメージがあります。
でも、どの仕事だって大変。
でも、障害者と聞いただけで、
自分とは違う世界だと思ってしまう人が
多いと感じています。


もっと身近に感じる仕事になるよう
日々試行錯誤です。

支援者への講演

  • 2017.06.04 Sunday
  • 14:14

みなさん、こんにちは。
最近、毎日色々な考えが目まぐるしく湧き出てきます。
記録が全然追いついていかない!

先日、北海道サービス管理責任者研修で45分間お話をさせていただきました。

最近は、「『本人主体支援』の難しさを『自分ごと』として捉え、

自身や社会を変革していく支援者へ」というテーマで、

障害児者と言われている方々に対して支援の仕事をしている方へ

お話をしています。

なかなか簡単には説明できませんが、

支援者と障害のある人の間には不自然な関係と距離があり、

同じ人間としてではなく、評価すべき対象だったり、

不必要にその人の人生に入り込んでしまったり、

そのことは支援者だから良いんだと思い込んでいる人が多いと、

私は感じています。

また、周りに同調して合わせて行動することや、

苦手なことや人と変わっていること

(太っている、空気が読めない、ハゲているとか)を非難すること、

大人が子供を信用することができないことなど、

日本特有の風潮や教育を受けて、支援者の思考が作られてしまっていると思います。

その中で、結果的に社会的に排除されてしまう人が出てくると思います。

例えば障害者だけでなく、LGBT、不登校と言われている人、

日本で求められている労働では働けない人など。

本当は社会のあり方を変える必要があるのに、

全て「自己責任化」されたり、

「みんなと同じように、私たちのように、『成長』すること」を良しとしたりし、

それが「専門家の仕事」だからと疑わなくなるのが本当に怖いです。

そのため、私は「自分ごと」として考える講義を続けています。

耳の痛い話かもしれませんが、

障害があったり、苦しい立場に立たされた人は本当に苦しいのです。

だからと言って、苦しくなれというわけではなくて、

講義のときくらいは見直すきっかけになればと思いながら講義をしました。

もっと広い意味で、そして柔軟に、人生を楽しむことを、支援者側も大切にしてほしい。

まだまだいろいろな問題を私は感じているので、少しずつ整理をしていこうと思います。

 

シイタケ

  • 2017.05.28 Sunday
  • 17:25

札幌は最近雨続きです。

昨日は久しぶりに雨にどっぷりかかって出かけました。

晴れ女なのであまり雨に当たらない方ですが、

今回ばかりは難しかったようです。

 

椎茸を栽培してみたらこんなになりました。

何かを育てるといったことはしたことがなかったので、

最近の私の楽しみが増えましたよ。

 

 

え!?それだけですw

では、また。

  • 2017.05.04 Thursday
  • 17:09


ゴールデンウィークですね〜
今年のゴールデンウィークは珍しく晴天の日が多いです。
嬉しい(^^)

今日は友人のところに行った帰りに
白石のサイクリングロードの桜を見に行きました。

サイクリングロードより下に木が植えられているので、
桜が咲いているところと同じような高さから見られます。



これは、私の目の前にあった桜です。
小さなお子さんでも見られる高さです。
桜のほのかな香りがステキです。

3月、4月もちょっと忙しかったので、
久しぶりにほっこりした気持ちになりました。

英語を話せる人がいないということ

  • 2017.04.08 Saturday
  • 13:44

久しぶりのブログです。

少しだけ呟きたいと思います。

 

昨年の1月から外国人の方をPA(パーソナル・アシスタント)として

雇って1年以上が経ちます。

これまで3人の(どの方もアフリカ人)女性と出会ってきました。

 

その方々と会話をしていると、

日本の特徴を違った側面から知ることができます。

 

その中で、大きな問題だなと思ったのは、

「病気をして病院に行っても、英語が話せるドクターやナースがいなくて

なかなか伝えたいことも伝えられない」ということです。

 

日本でも義務教育で3年、高校で3年、大学に行けば4年、

合わせて10年は英語を学んでいるはずなのに話せる人は少ないです。

 

私も、暗記や文法を覚えることで精一杯で

英語の点数は良かったのですが、英語の勉強にいいイメージがありませんでした。

 

今は、生活をするため(アシスタントにやってほしいことを伝えるため)に

英語を使い、たまに世間話をして、ようやく英語が楽しくなってきました。

そして、コミュニケーションをとる上で必要な手段として、

勉強しようと心から思えるようになったのです。

 

あるアフリカ人のアシスタントが病院のことで困っているということで、

インターネットで調べて英語okな病院を検索して、情報を提供しましたが、

掲載されている病院は実際に英語対応しているのか、やっぱり不安です。

 

飲食店でも、外国人が来ても日本語だけの対応をしている場面も

見かけたりすると、自分も何か力になれるかなと考えておかなきゃと

思っているところです。

 

日本は外国人にとっては生きづらいような気がしています。

それでも、アシスタントは「日本も素晴らしい文化や場所があるよ」

と言ってくれますが。

 

言葉が通じないのは、一種の社会が作っている「障害」だと

私は強く思ったのでした。

第0章 1. アメをもらうことへの疑問

  • 2017.02.26 Sunday
  • 13:37

「障害の殻」やぶりな人生(仮称)

〜タイ・イタリア旅物語を“今の私”が振り返る〜

 

第0章 「障害者」と言われることへの疑問

 

1.アメをもらうことへの疑問

 

 ちょうど思春期の頃、車いすで外を歩いていると、周りの視線が「かわいそう」という労わりの目で見ている様な気がして、誰も助けてくれない、誰もわかってくれないという孤独感で埋もれていた。

 その10年後の大学生の頃、地下鉄や列車の駅で待っていると、知らないおばちゃんがトコトコ近寄ってきては、服のポケットからアメを2,3個取り出して「よく頑張っているね。」と私の掌に渡そうとしてきたことがあった。「おばあちゃん、ありがとうございます。私は手を裏返すことができないの。カバンに入れてもらえますか?」と伝えると、そうなのねとますます優しい声になり、再び「頑張るんだよ。」と励まされて行ってしまった。

 

 その時の私は、アメをもらうことに抵抗がなかったと思う。ただ、「アメをもらえて当然」という意味ではない。きっと、私が「障害者」であり、かわいそうに見えたからくれたのだろう。それをわざわざ断るということは、相手が良かれと思ってやっていることだから、傷つけてしまうに違いないと思っていた。そのため、抵抗することはしなかった。

 

 しかし、30歳を手前にした頃、ふと「果たして私は『障害者』なのだろうか」「自分はどうして車いすに乗っているのだろう」と我を振り返ったことがある。「体が思うように動かなくて大変だ」とか「社会が障害者を受け入れていない」とか悲観的になったことはあるが、それはもうとっくに終わっていて、新しい疑問が湧いてきたのだ。

 

 世の中の人も、私も「障害者」という言葉に惑わされてはいないだろうか。今、30歳を超えたばかりの私は、その疑問を放っておくことはできない気がしていた。これまでの人生の私の心境の変化はめまぐるしかった。「自分は他人とは違うという孤独感に陥った」10代、「『障害者』という見られ方に慣れてきた」20代、「自分を『障害者』と思うことに違和感を感じ始めた」30歳手前、そして、「世の中の『障害者観』を見直さないとならないと感じ始めた」今の私。この旅行記で少しずつ整理していきたい。

旅行記 はじめに

  • 2017.02.19 Sunday
  • 17:16

「障害の殻」やぶりな人生(仮称)

〜タイ・イタリア旅物語を“今の私”が振り返る〜

 

はじめに〜車いすはポルシェだ

 

 「みなさん、こんにちは。私は電動車いすに乗っています。後ろの方、見えるでしょうか。黒いシートに紫のメタルフレーム。札幌の地下で人の波をかいくぐってスピードを出すのが大好きです。最近は、車いすを『ポルシェ』のように乗りこなすことで有名です。」

 今から3年前のこと。ある大学の理学療法学科約90名の学生さんの前で、いつもより変わった自己紹介をした。後ろの席に座っている学生が、前の学生の肩の間に顔を出してこちらを見ようとしている。

 「車いすはポルシェ」というフレーズは、アパレル関係の企業様が、さっそうと走る私の姿を見て「ポルシェのように格好よく走るミチコさん」とコメントされていた。一般的に車いすには、けがをした人、病気、おじいちゃん、おばあちゃん…というイメージがあるだろうから、新鮮な表現に聞こえる。

  社会全体では、障害者のことはどのように知られているのだろうか。

続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM